【LINE】許す・許さない・誰を?

今日の話題。「許す・許さない」について。


生きていれば「許さん!」な出来事や人に出くわすこともあります。
そして、その「許さん!」に影響を受け続け、生きていきます。

ヒプノセラピーでも「許す・許さない」についてセラピーを行うこともあります。
許す対象と対話をしていくんですね。

抑え込んでいた想いを口にしていくことで、
本当の気持ち(望んでいたこと)が表面化し、
本当は何に対して何を感じていたかが明確になってきます。

そのプロセスを経て「許す」に至るのですが、
内容によっては「絶対許さん!」がとけない場合があります。

出来事があまりに理不尽なことだったりすると、
許してたまるかという思いが強くなりますし、
そう思うことも理解できます。

では、それでも許さなければならないのか?
自分にヒドイことをした相手なのか?
ひどい出来事自体をなのか?
理不尽なのになんで許さなければならないのか?



「許す」のは、憎い相手でも出来事でもなく
「許さない!と思っている自分自身」です。

感情をどんどん掘り下げていくと、あれれ自分にたどり着く。
「アイツーっ」と思っていた相手はなんと自分だったと。
そりゃ、苦しいさ、自分を罰してるんだから。

だから、相手を許せないなら許さなくてもいいのです。
許さねー!と思っているご自身を許すことで、自分が解放されるのです。
もちろん相手を許せればもっと楽になれる。

許すのは誰のため?そう、自分のためです。


そんな風にとらえることができれば、あなたはもっとリラックスした時間を過ごせる。

あなたがリラックスモードであれば、周囲もリラックスモードになる。

リラックスモードなあなたであれば、創造的な人生が歩める。


もちろん許さねー!気持ちは吐き出すことが大事です。
そのうえで許すってことは覚えておいてくださいね。

ちなみに私は「しゃーない、許してやるわ」と上から目線で終わらせます笑
私のために、ね。

2019年07月21日