【LINE@S】それ、ノンフィクション

Aさんという女性アーティストの作品をあーだこーだいう番組を観ました。

専門家の見立ては「フィクションを歌えるアーティスト」。
Aさんは男性目線の歌が多く、体験したかのように作品が作られているという評価でした。

当のご本人は「自分も同じ空間の中で体験していることを相手目線から書いているから、ノンフィクションかな~」



同じ経験を視点を変えて見たことで、別の体験のように感じるという興味深いやり取りでした。

ヒプノセラピーでは、この「同じ体験を別な視点で見る」ことを行います。
この狙いは「違う視点で見た時に、自分の中でとらえ方が変わる」ことです。

今まで「この苦しさはBのせい」と信じてきたことが、
Bの立場から物を見ることで解釈が変わり「なんだ大したことない」。

Aさんの作品とはやや違いますが(第3者の評価は不要なので)、
人生を自分で創るとは、アート活動と同じかもと思った出来事でした。

ちなみにAさんの歌詞のインスピレーションの源は「官能小説」だそうです。
さすがアーティスト笑

2019年04月15日