【LINE@】パターンを破る

さて、私は現在「整える」を大事にしたい期間中です。
片付けやらまとめ、途中だった本を読んだり、溜まった録画分を観たり。
自分にはバランスが大事だと気づいてから、偏った後はちゃんと戻る作業時間を大事にしていこうと思っています。

誰もがバランスの取れる支点を見つける必要があるかどうかはわかりません。
たまたま「私には必要」がわかったという話です。
極端に生きることが自分らしいと感じている方もいるでしょうから、その感覚は大切にしたほうがいい。

自分の感覚に信頼がおけない人も、意外といるのではないでしょうか。
「やりたいことがわからない」「人の顔色をうかがって生きてきた」などもそうでしょう。
そういう人に「自分軸で生きることが大事」と言ったところで、
「そんなことわかってるけどできないんです」ですよね~。わかります。



もちろん自分軸で生きるのは大事です。私もそこに一ミリの反論もない。
外側に軸を置いていると、出来事に感じる感情に振り回されて疲れはててしまう。
エネルギーを使い果たして思考停止。←考えるだけじゃなく感じることも
結果自分の感覚に信頼を置けないという負のスパイラルにはまる。


私たちの日常をよく見てみると、かなりの確率で「リアクションのまま」生きています。
リアクションとは、外部の何かから刺激を受けて反応している状態です。
このリアクションにはパターンがあって、習慣化されています。
よいパターン(自分が心地よい)ならいいのですが、そうじゃないパターンがあることで、
自分の中で矛盾や違和感、葛藤を感じるなら、そのパターンを破る必要があります。

矛盾や違和感、葛藤といった「滞っている」感のある感覚は、頭と心(顕在意識と潜在意識)が
一致していない状態をいいます。世間の目、との矛盾ではありませんよ。

このパターンを破る方法はいくつもあると思いますし、世の中には様々なセラピーがあるので、
それらの力を利用することもいいと思います。
が、自分で簡単にできることからやってみるのがいいかなと。


何をするかというと「いつもと違うものを選ぶ」のですよ。
いつもと違うものを選ぶということは、いつもと違う体験ができる。
パターンから外れた体験です。ってことは、いつもと違う感覚や感情を持つことにも繋がり、
新たな視点もここで生まれてきます。

で、今までのパターンと新しいパターンで、心地よさを感じたほうを選んでいく。
その自分データが蓄積されてくると、自分の傾向が見えてきます。
すなわち「どんなものが自分は心地よいと感じるか」がわかってくるということです。

それがわかってくると矛盾や違和感、葛藤が格段に減ってきます。
頭と心が一致してくることで、自分軸を感じることに繋がってきます。


自分軸ありきで周囲に配慮した選択をしたり、
外部のツール(占いとかセラピーとかスゴイ人に言われたこととか)を活用しても、
そこに「自分で選んだ」感がちゃんとあるので、外側のせいにしなくなる。
単なるリアクションではなく、アクションで生きていくことになるのかなあと。

生き物としてパターンを持つのは「安心」からだと思うので、ごく自然な流れなんでしょうけど、
シンドさを感じるならば見直す機会だと思います。

2019年04月12日