ルブタン氏の発言に人生を想う

こんばんは、矢部です。

いろんなメディアがある昨今ですが、
昭和世代の私はテレビも見ます。

興味を持てば録画しておき、
後日見ることもしばしば。
ネイチャー系やカルチャー系が多いかな。

地上波はこの手の番組が比較的少ないので、
BSがお気に入りです。

先日クリスチャン・ルブタンの番組を見ました。

ご存じの方やファンの方もいると思いますが、
クリスチャン・ルブタンとは、
赤いソールで有名。
女性の感情や欲望を揺さぶる靴を
デザイン・販売しています。

眺めているだけでも幸せ(笑)

番組内でのルブタン氏の発言で、
私が印象に残ったものをご紹介します。


「まずデザインがあって、
それを技術がサポートする。

足の甲に飾りをつけたい場合、
技術的には透明のストラップ等を
付けることになる。

でも、デザインの段階では、
自由に考えたい。

技術面ばかり考えていると、
それに縛られて、創造性がしぼんでしまう。

技術的に無理だと思い、
いろんなアイディアを除外してしまうんだ。」


靴の話をしているんですが、
人生の話に置き換えてみても、
しっくりくるんですよ。

「まずデザイン(望む生き方・在り方)があって
それを技術(手段や職業等)がサポートする。
中略
でも、望みの段階では自由に考えたい。
手段ばかり考えていると、
それらに縛られて、創造性がしぼんでしまう。

その方法がうまくいかなかったり、
その職業につけないと
望む生き方・在り方は無理だと思い、
いろんなアイディアを除外してしまうんだ」

ね、どうでしょう?

私は自分の人生において、
思い当たるふしがあるなと(;^ω^)

あなたも、ご自分に当てはめて
考えてみてください。

方法や職業のような手段在りきで、
自分の人生を決めてないかどうか。

それにこだわりすぎることで、
自分の人生を狭くきつくしてないか?
生き辛くないか?

自分に自信を無くして、
自分を嫌いになってないか?


私たちは自分の人生を
望む通りに生きられます。
ってか、生きています。

それを実感するには、
手段にこだわらないことかもね。

では、あなたの明日が健やかでありますよう!