内側対策(心)と外側対策(出来事)のバランスが大事

私は自分のケアのために、布を使ったヨガに通っています。

比較的近所のスタジオに通っているので、
昨年秋から徒歩で通うようになりました。

なぜかいつもレッスンの日はお天気で、
しかもちょっと肌寒いので、歩くにはもってこいなのです。

先日も同じようにちょっと肌寒い中黙々と歩いていると、
だんだん寒さが気にならなくなってきたことに気づきました。
歩くことで体の内側がポカポカしてきたからです。
気温は変わっていないのに。

歩きながら「アレ?これって同じだ」
と思ったことをシェア。

寒さ対策には、二通りの方法があります。
防寒対策と寒さに強くなる体力作りです。
どちらもうまいことできると快適に過ごすことができますね。

これらは、私たちが抱える問題や悩みに対する対策と同じです。

具体的に感じている問題や悩みを解消するための対処と、
そもそも問題や悩みだととらえない心の体力作り。

寒いならば、一枚多く着るとかカイロを使う、
マフラーや手袋を加えることも寒さ対策ですね。
これは外側に対する対策です。

一方、寒さにつながる冷えを取り健康であるために、
運動習慣や免疫力アップの生活を心掛けるなど。
これは自分の内側に対する対策です。

外側の対策は点(タイミング)で行うことですが、内側の対策は線(継続)で行うこと。
点と線の組み合わせで、より広がりと高さや深みのある人生が創られる。

優先するといいのは内側の対策ですが、
どちらもバランスよく行えることは、快適に生きることに繋がります。

なんてことを考えながらの道中でした。

ちなみに頭で考えすぎる人!←私もこの傾向
体を通してくるメッセージに耳を傾けるといいですよ。
心の声もちゃんと聞こえてきますから。

思い込みという個人的な正義

少し前に新聞で「藤井二冠、高校を退学する」
という記事を目にしました。

藤井二冠って誰?という方に少しお話します。

彼は将棋界の若き天才と言われ、
数々の最年少記録を破ってきました。
層々たる名人を破ってすでに二冠達成です。

スポーツ専門紙が彼を表紙にした号は、
その雑誌史上一番売れたそうです。
(将棋もスポーツとの認識で表紙に抜擢したとか)

で、その彼が高校を退学したと。
現在18歳、すなわちあと2か月で卒業という
1月末での退学だったそうです。

この記事を目にした私の感想がコレ。
「あとちょっとなのにもったいない。
いや、これって凡人の思うことか。」

続けて思ったことがコレ。
「わ!全部私の思い込みだわー。」
自分の思い込みに気がついたわけです。

どういうことかというと、
こんな思い込みがあったことに気がついたのです。

・もうすぐ卒業なのに
・高校くらい出ておけば
・すでにプロとして稼いでいるんだから、学歴とか不要じゃん
・凡人は学歴に頼るもの(学んでおけば選択肢が増えるし) 
・凡人はもったいないと思う ・・・などなど

探せばもっと出てきそうです。

これらのことは思い込みや制限であり、個人的な正義です。
つまり「私はコレがを正しいと思っている」なのです。

出どころは様々ですが、
一般的には「社会や親」からきていると推測できます。
それらの正義にのっとって生きていれば、
安心安全が担保されてきたのでね。←正確には「担保されると思い込んできた」

もちろん自分を守ってくれていた役割が過去にはあったかもしれません。
ですが、今それらを正義とすることで、
生き辛さを感じるならば疑ってみるといい。
「ソレ、ホント?」って。

上にあげた思い込みに対して「ソレ、ホント?」と問えば、
「や、違うな」と自答できると思います。
だって実際違うし(笑)。

あなたにはどんな思い込みがありますか?
その思い込みで誰かの行動を制限したり、批判したりしていませんか?
そのことで、相手のみならず自分にも負荷をかけていませんか?

お茶でも飲みながら、自分に聞いてみてくださいね~

有事に気づく「有難さ」

今日は3月11日。
10年前の今日、東日本大震災が起こりました。
そして長野県民は、もう一つの痛み、
翌12日深夜未明長野県北部地震を体験していますね。

10年前の私はまだ東京で仕事をしており、
その日は帰宅難民(帰宅困難者)として
大勢の人たちとホテルのロビーで一夜を明かしました。

一晩中揺れ動く足元。大画面に映る現実とは思えない映像。
不通が続く携帯。公衆電話には長蛇の列。

揺れの度に一斉に鳴る携帯の警報音に、
これから日本はどうなってしまうんだろうと
不安でいっぱいになったことを思い出します。

翌朝、無事に電車に乗り帰宅できた時には、
「建ってた~( ;∀;)」←アパートが古かったので
と、ものすごい安心感が広がったことも記憶しています。

日々が同じように流れていき、それが当たり前だと思っています。

でも、本当は当たり前なんかじゃなく「有難いこと」なのかもしれません。

そんな大切なことを有事で気がつかされる。

今日は気づかせてくれたあの日のことに、
ありがたい気持ちとともに手を合わせたい。
そんな風に思う昼下がりでした。

では、あなたの明日が健やかでありますよう!

私とネコと~潜在意識と顕在意識

我が家には飼い猫が複数おり、そこそこの数がいます。←現在5匹

それぞれ個性が異なり、この年齢になって疑似子育て(笑)を
体験している日々です。

先日そのうちの一匹が体調を崩し、
今まで食べていたカリカリ(ハードタイプの餌)を
一切食べなくなりました。

きっかけはありましたが、食べなくなったこととの因果関係は不明です。
空腹にもかかわらず、それを出しても一切口をつけないのです。

カリカリは定期購入をしているので、手元には在庫があります。
他二匹分の分量です。次の定期便到着までには消費できません。

「困った(;´・ω・)」←飼い主心の声

これ以上健康を害するのは避けたいので、
他の猫のカリカリを試しにあげてみました。

今までの分を取り返すかのような爆食いです。
食べない、という問題は解決したようです。

しかし、在庫はあれど他のカリカリを追加で購入する必要が出てきました。

「マージーかーっ(-_-;)」←飼い主心の声


当初この出来事に対して、
私は心配したりイライラしたりと、随分感情に振り回されました。
メンタル系の学びをしていてもしょせん人間です笑

事が落ち着いてきたころに、
この問題の外側に出て、何が見えるか観察しました。

するとちょっと面白い構図が見えたのです。

猫=潜在意識(無意識、心) 飼い主=顕在意識(意識、頭)

潜在意識(猫)の欲求を叶える顕在意識(飼い主)。

潜在意識(飼い主の心)の欲求を叶える顕在意識(飼い主の行動選択)。

司令塔は常に潜在意識であり、
それを叶えるポイントゲッターは顕在意識なのです。

なので、顕在意識優先で行動を選択し続けると、
潜在意識はストレスを受ける可能性があると。

となると今回の出来事は、
「観察し行動の選択を変える」ことで結果が変わりましたね。
それでよし!なのです。

今回で言えば、定期購入は管理しやすいという飼い主の「判断」であり
猫の「希望」ではないのです。

あー、私都合にしてたわ(;´∀`)

あなたはいかがですか?

あなたの心の声はなんて言っていますか?

あなたの大切な人は何を望んでいますか?

「~してよ!」の前に「どうしたい?」と聞いてみてください。
関係が変わるかもしれませんよ。

ちなみにうちの猫たちは、要求があるときは
ニャーニャー鳴いてアピールします。

ニャーニャー=感情 ※希望に対するお知らせ、アピール

猫に学ぶ日常でした(笑)。

追伸:ってなことをも(猫の話はしませんが)、
ヒプノセラピスト養成講座ベーシックコースで学びます。
対面、オンライン共に受講可能です。
希望者はABH(米国催眠療法協会)認定が取れます。

では、あなたの明日が健やかでありますよう!

私の存在自体に価値がある

女性の活躍がニュースになることが多い昨今ですね。
先月全豪オープンテニスで優勝した大坂なおみ選手もその一人。

テニスの実力はさることながら、社会的なことにもどんどん発言していって、
影響力のある一人として世界では認知されています。
日本でも彼女の様々なことが注目され連日報道されていました。

メンタル業界の端っこにいる私としては、とある発言に
彼女の強さや活躍のヒントがあると感じました。
なのであえて月をまたぎシェアしたいなと。←旬ではないけど(笑)

準々決勝後あたりだったかのインタビューで。

「今までテニスの勝ち負けで、自分の価値評価をしてきた。
コロナ禍でテニスもできない日々が続いていた中、テニスができない自分でも
変わらず愛してくれる家族や支えてくれるチームがいたことに気がついた。」
要約ですが、このような内容のことを話していました。

このあと勝ち進み優勝を決めました。
優勝時には、たくさんの感謝を述べていたのが印象に残っています。

あなたにも思い当たりませんか?
「何かの勝ち負け(できるできない、あるない等)で自分の価値を図る」こと。

仕事ができる・できない、結婚している・していない、学歴がある・ない、
子どもがいる・いない、勉強ができる・できない、お金がある・ない等々
さらに細分化して価値を図ったり。キリがありません(-_-;)

出た結果で自己評価が変わると。
そして大抵は落ち込んだり自分を責めたり。

それらの結果とあなた自身の価値にはなんら関係ありません。
あるとかないとか、できるとかできないとか、事実以外の何物でもありません。

それらはあなたに付随した装飾品です。
本体を飾るものが、本体の価値を超えることはありません。

つまり価値があるのは、あなたの存在そのものってこと。

生きる根幹です。そのままの自分で価値があると気づくって。
それに気づけた大阪選手は、メンタルのブレが小さくなり、
ブレても戻る場所がわかっているから強い。
彼女の目覚ましい成長と活躍の大きな理由だと感じています。

あなたも言い切っちゃいましょう。
「私の存在自体に価値がある」って。

では、あなたの明日が健やかでありますよう!