祝福の虹がかかる?

矢部です。

今宵は中秋の名月ですね。しかも満月。
美しい月が見えた地域もあるんでしょうね。

うちの地域は、残念ながら雲の中のお月様。
雲間からあふれ出る月の光はとても強く、
雲のシルエットを浮かび上がらせ、それはそれで美しいです。

と、書いているうちに美しく出ました!

昨日ですか、イギリスのエリザベス女王がご逝去されました。
私個人は彼女の人となりを知りませんが、
マスコミで報じられる彼女は、聡明でチャーミング、
国のために尽くされた方というイメージがありました。
オシャレだったしね。

ご逝去の前後なのか、バッキンガム宮殿上空に虹、
しかもダブルレインボー(副虹)もかかったと、
SNS上あちこちで写真が投稿されていました。

それを見た人々が「虹の橋を渡っていかれた」とか、
「フィリップ殿下が迎えに来た」とかいろいろ
想像し解釈をしていたのが印象的でした。

私自身は、今世での大きな役割を終え、
肉体を離れて魂のみに戻られたのかなと。
本当にお疲れ様でした、という気持ちが大きいです。

一般的に「死」というと、人生の終わりや別れ、
深い悲しみなど、ネガティブな印象が強いと思います。

人間で、というか生き物である限り、致死率100パーセント。
誰でも平等に必ず体験する大きな出来事です。

魂の成長のため、肉体をもって様々な体験をし、
そして再び魂のみに還っていく。

ヒプノセラピーの視点、というか輪廻転生の視点からすると
当然のサイクルで←英国国教会がこの視点を持っているかは別ですが

やがて中間世を経てまた生まれ変わるという
らせん構造の中を女王ももれなく歩んでいると思うと、
なんだか親近感がわきます。
一緒じゃんって(笑)。

そして私も50年もしないうちに追っかけますね~という
なんとも言えない気持ちになります。
決してネガティブな気持ちではなく。

個人的に死に対してネガティブな印象が薄れたのは、
この2年ほどで父、お世話になった方、飼い猫と
立て続けに死に直面したことも大きい気がします。

悲しいんですよ、本当に。
たぶんまだ癒えてない。
でも、本当にみんなに訪れることだと実感したというかね。

ヒプノセラピーでは疑似体験ができますが、
ほとんどの方はその死に対してホッとしたり、
穏やかな気持ちでその時を迎えているんですよねえ。
もしかしたら、「死」を受け入れるからなのかもしれません。

ちなみに人生の時間軸「タイムライン」を
らせん構造だとイメージするのは中東の方が多いそうです。
宗教観からくるんかな。

また、ちょっと視点の違う話ですが、
「ロイヤルファミリー」という方たちはいろんな意味で特別らしく、
西洋占星術のネイタル・チャートにも
しっかり星のメッセージが出ているらしいですよ。

日本の天皇陛下のご即位時に虹がかかったのも有名な話ですが、
今回の虹も同じように「ロイヤルファミリー」に起こる出来事は、
あらゆる出来事に「祝福」があるのかもしれません。
まあ、国家とか時代とか大きなもののアイコンだしね。

そう考えると、科学や数字では証明できないことは
世の中にたくさんあって、
そもそも証明しなくたっていいと思える心を大事にしたいと
あらためて感じました。

あなたはどう感じましたか?

心身の免疫力をあげよう

こんにちは、矢部です。ブログ更新を疎かにしていました(;´∀`)
このサイトのツールもどんどんバージョンアップし、編集できないバグにも遭遇(;^ω^)
ならば新規書き込みならどうだ!の確認と←ま、こちらはあくまでついでですが
最近うっすら思っていたことを書こうと思います。文字サイズもビッグにお届けー。

2020年も早々から新型コロナウイルスが蔓延し、今までの常識がひっくり返るような2年を過ごしてきました。その間ウイルスも様々に変化し、その対応に追われることも多かったと思います。医療をはじめとする関係各所、対応に携わっている方々に感謝申し上げます。

で、先日読んだ某メルマガのタイトル「コロナにかかる人、かからない人って?」タイムリーですね。医療従事者ではないメルマガの配信者の方が、感染する人としない人の違いについて考えてみた内容でした。許可を取ったわけではないので詳細は書きませんが、
オミクロン株が風邪と同じという人もいるがそうは思えない⇒感染する人としない人がいるんじゃないかと思えるくらい違う⇒何が違うのかと考えてみた⇒免疫力じゃないかと思いついた⇒免疫力とは何も体のことだけを指すのではなく、心の免疫力もしかり⇒心身はひとつだ

世の中にはいろんな考え方があり、それぞれなるほどと思うことがありますが、今回のこの方の考え方には「禿同」(懐・笑)でした。というのも、若い頃ストレスから胃潰瘍を患った経験から、心と体の健康は一体だろうという体感があるからです。感染症と胃潰瘍(しかもウイルス性ではない)では比較の対象にはなりませんが、患った時の自分は確かに強いストレスを感じていたし、体に出るかメンタルに出るかだけの状態だったように思います、今思うと。
罹患する・しないは、いろんな要素が絡んでいるとは思います、たぶんね。でも、心身ともに免疫力が高ければ、罹らない・または罹っても軽症や早期に治る等健やかな状態に戻るのが早いんじゃないかと感じます。レジリエンスが高いっての?どちらか一方じゃなくてね。

体の免疫力を上げるには、摂取する食べ物や運動などを組み合わせていけばいいでしょう。その方面の専門家に相談、アドバイスをいただき実践すれば現状が変わってきます。心の免疫力を上げるなら、プロの手を借りるセラピー、メンタルについての学びを日常に活用(セルフケア)すればいい。←当サロンはココ。サポートしますよ~

今の自分は心身健やかだわ~と感じる方は、その日常をキープしていってくださいですし、どちらかに偏ってるなあと感じている方は、やってないほうに着手すればいいでしょう。どっちも健やかじゃないかも・・・と思うなら、緊急度合いの高いほうからぜひ。どっちから手を付けたらいいか、よくわからない~という方なら、「免疫力を上げる」を意識してみてください。そうすると近いうちに必要な情報が必ず入ってきますからね。どっちが先かはわからないけど、免疫力を上げることについての情報をキャッチできますから、ご安心を。で、入ってきた情報を情報だけにせず実行に移しましょう。やってみてから合う合わないを判断しても遅くないですからね。

ちなみに心身健やかで免疫力が高いAさんは、あちこち飛び回りたくさんの方と会う仕事をしていますが、一向にかかる気配がありません驚。心身のケアをきっちり行っているのは間違いないのですが、おそらく「心身ともに健やかである」というキョーレツな暗示が入っているに違いない。本人に確認したことはありませんが。
かくいう私も実体験から「インフルエンザとは無縁(かからない)」というキョーレツな暗示が入っています笑。暗示とは、言葉だったりイメージだったり。大事なんですよ、ほんと。

内側対策(心)と外側対策(出来事)のバランスが大事

私は自分のケアのために、布を使ったヨガに通っています。

比較的近所のスタジオに通っているので、
昨年秋から徒歩で通うようになりました。

なぜかいつもレッスンの日はお天気で、
しかもちょっと肌寒いので、歩くにはもってこいなのです。

先日も同じようにちょっと肌寒い中黙々と歩いていると、
だんだん寒さが気にならなくなってきたことに気づきました。
歩くことで体の内側がポカポカしてきたからです。
気温は変わっていないのに。

歩きながら「アレ?これって同じだ」
と思ったことをシェア。

寒さ対策には、二通りの方法があります。
防寒対策と寒さに強くなる体力作りです。
どちらもうまいことできると快適に過ごすことができますね。

これらは、私たちが抱える問題や悩みに対する対策と同じです。

具体的に感じている問題や悩みを解消するための対処と、
そもそも問題や悩みだととらえない心の体力作り。

寒いならば、一枚多く着るとかカイロを使う、
マフラーや手袋を加えることも寒さ対策ですね。
これは外側に対する対策です。

一方、寒さにつながる冷えを取り健康であるために、
運動習慣や免疫力アップの生活を心掛けるなど。
これは自分の内側に対する対策です。

外側の対策は点(タイミング)で行うことですが、内側の対策は線(継続)で行うこと。
点と線の組み合わせで、より広がりと高さや深みのある人生が創られる。

優先するといいのは内側の対策ですが、
どちらもバランスよく行えることは、快適に生きることに繋がります。

なんてことを考えながらの道中でした。

ちなみに頭で考えすぎる人!←私もこの傾向
体を通してくるメッセージに耳を傾けるといいですよ。
心の声もちゃんと聞こえてきますから。

思い込みという個人的な正義

少し前に新聞で「藤井二冠、高校を退学する」
という記事を目にしました。

藤井二冠って誰?という方に少しお話します。

彼は将棋界の若き天才と言われ、
数々の最年少記録を破ってきました。
層々たる名人を破ってすでに二冠達成です。

スポーツ専門紙が彼を表紙にした号は、
その雑誌史上一番売れたそうです。
(将棋もスポーツとの認識で表紙に抜擢したとか)

で、その彼が高校を退学したと。
現在18歳、すなわちあと2か月で卒業という
1月末での退学だったそうです。

この記事を目にした私の感想がコレ。
「あとちょっとなのにもったいない。
いや、これって凡人の思うことか。」

続けて思ったことがコレ。
「わ!全部私の思い込みだわー。」
自分の思い込みに気がついたわけです。

どういうことかというと、
こんな思い込みがあったことに気がついたのです。

・もうすぐ卒業なのに
・高校くらい出ておけば
・すでにプロとして稼いでいるんだから、学歴とか不要じゃん
・凡人は学歴に頼るもの(学んでおけば選択肢が増えるし) 
・凡人はもったいないと思う ・・・などなど

探せばもっと出てきそうです。

これらのことは思い込みや制限であり、個人的な正義です。
つまり「私はコレがを正しいと思っている」なのです。

出どころは様々ですが、
一般的には「社会や親」からきていると推測できます。
それらの正義にのっとって生きていれば、
安心安全が担保されてきたのでね。←正確には「担保されると思い込んできた」

もちろん自分を守ってくれていた役割が過去にはあったかもしれません。
ですが、今それらを正義とすることで、
生き辛さを感じるならば疑ってみるといい。
「ソレ、ホント?」って。

上にあげた思い込みに対して「ソレ、ホント?」と問えば、
「や、違うな」と自答できると思います。
だって実際違うし(笑)。

あなたにはどんな思い込みがありますか?
その思い込みで誰かの行動を制限したり、批判したりしていませんか?
そのことで、相手のみならず自分にも負荷をかけていませんか?

お茶でも飲みながら、自分に聞いてみてくださいね~

有事に気づく「有難さ」

今日は3月11日。
10年前の今日、東日本大震災が起こりました。
そして長野県民は、もう一つの痛み、
翌12日深夜未明長野県北部地震を体験していますね。

10年前の私はまだ東京で仕事をしており、
その日は帰宅難民(帰宅困難者)として
大勢の人たちとホテルのロビーで一夜を明かしました。

一晩中揺れ動く足元。大画面に映る現実とは思えない映像。
不通が続く携帯。公衆電話には長蛇の列。

揺れの度に一斉に鳴る携帯の警報音に、
これから日本はどうなってしまうんだろうと
不安でいっぱいになったことを思い出します。

翌朝、無事に電車に乗り帰宅できた時には、
「建ってた~( ;∀;)」←アパートが古かったので
と、ものすごい安心感が広がったことも記憶しています。

日々が同じように流れていき、それが当たり前だと思っています。

でも、本当は当たり前なんかじゃなく「有難いこと」なのかもしれません。

そんな大切なことを有事で気がつかされる。

今日は気づかせてくれたあの日のことに、
ありがたい気持ちとともに手を合わせたい。
そんな風に思う昼下がりでした。

では、あなたの明日が健やかでありますよう!

私とネコと~潜在意識と顕在意識

我が家には飼い猫が複数おり、そこそこの数がいます。←現在5匹

それぞれ個性が異なり、この年齢になって疑似子育て(笑)を
体験している日々です。

先日そのうちの一匹が体調を崩し、
今まで食べていたカリカリ(ハードタイプの餌)を
一切食べなくなりました。

きっかけはありましたが、食べなくなったこととの因果関係は不明です。
空腹にもかかわらず、それを出しても一切口をつけないのです。

カリカリは定期購入をしているので、手元には在庫があります。
他二匹分の分量です。次の定期便到着までには消費できません。

「困った(;´・ω・)」←飼い主心の声

これ以上健康を害するのは避けたいので、
他の猫のカリカリを試しにあげてみました。

今までの分を取り返すかのような爆食いです。
食べない、という問題は解決したようです。

しかし、在庫はあれど他のカリカリを追加で購入する必要が出てきました。

「マージーかーっ(-_-;)」←飼い主心の声


当初この出来事に対して、
私は心配したりイライラしたりと、随分感情に振り回されました。
メンタル系の学びをしていてもしょせん人間です笑

事が落ち着いてきたころに、
この問題の外側に出て、何が見えるか観察しました。

するとちょっと面白い構図が見えたのです。

猫=潜在意識(無意識、心) 飼い主=顕在意識(意識、頭)

潜在意識(猫)の欲求を叶える顕在意識(飼い主)。

潜在意識(飼い主の心)の欲求を叶える顕在意識(飼い主の行動選択)。

司令塔は常に潜在意識であり、
それを叶えるポイントゲッターは顕在意識なのです。

なので、顕在意識優先で行動を選択し続けると、
潜在意識はストレスを受ける可能性があると。

となると今回の出来事は、
「観察し行動の選択を変える」ことで結果が変わりましたね。
それでよし!なのです。

今回で言えば、定期購入は管理しやすいという飼い主の「判断」であり
猫の「希望」ではないのです。

あー、私都合にしてたわ(;´∀`)

あなたはいかがですか?

あなたの心の声はなんて言っていますか?

あなたの大切な人は何を望んでいますか?

「~してよ!」の前に「どうしたい?」と聞いてみてください。
関係が変わるかもしれませんよ。

ちなみにうちの猫たちは、要求があるときは
ニャーニャー鳴いてアピールします。

ニャーニャー=感情 ※希望に対するお知らせ、アピール

猫に学ぶ日常でした(笑)。

追伸:ってなことをも(猫の話はしませんが)、
ヒプノセラピスト養成講座ベーシックコースで学びます。
対面、オンライン共に受講可能です。
希望者はABH(米国催眠療法協会)認定が取れます。

では、あなたの明日が健やかでありますよう!

私の存在自体に価値がある

女性の活躍がニュースになることが多い昨今ですね。
先月全豪オープンテニスで優勝した大坂なおみ選手もその一人。

テニスの実力はさることながら、社会的なことにもどんどん発言していって、
影響力のある一人として世界では認知されています。
日本でも彼女の様々なことが注目され連日報道されていました。

メンタル業界の端っこにいる私としては、とある発言に
彼女の強さや活躍のヒントがあると感じました。
なのであえて月をまたぎシェアしたいなと。←旬ではないけど(笑)

準々決勝後あたりだったかのインタビューで。

「今までテニスの勝ち負けで、自分の価値評価をしてきた。
コロナ禍でテニスもできない日々が続いていた中、テニスができない自分でも
変わらず愛してくれる家族や支えてくれるチームがいたことに気がついた。」
要約ですが、このような内容のことを話していました。

このあと勝ち進み優勝を決めました。
優勝時には、たくさんの感謝を述べていたのが印象に残っています。

あなたにも思い当たりませんか?
「何かの勝ち負け(できるできない、あるない等)で自分の価値を図る」こと。

仕事ができる・できない、結婚している・していない、学歴がある・ない、
子どもがいる・いない、勉強ができる・できない、お金がある・ない等々
さらに細分化して価値を図ったり。キリがありません(-_-;)

出た結果で自己評価が変わると。
そして大抵は落ち込んだり自分を責めたり。

それらの結果とあなた自身の価値にはなんら関係ありません。
あるとかないとか、できるとかできないとか、事実以外の何物でもありません。

それらはあなたに付随した装飾品です。
本体を飾るものが、本体の価値を超えることはありません。

つまり価値があるのは、あなたの存在そのものってこと。

生きる根幹です。そのままの自分で価値があると気づくって。
それに気づけた大阪選手は、メンタルのブレが小さくなり、
ブレても戻る場所がわかっているから強い。
彼女の目覚ましい成長と活躍の大きな理由だと感じています。

あなたも言い切っちゃいましょう。
「私の存在自体に価値がある」って。

では、あなたの明日が健やかでありますよう!

瞑想ってどんなの?

最近「瞑想、めいそう」と、
瞑想関係の案内が続いて届いています。

ご存じの方もいると思いますが、
我が師匠も瞑想心理学という講座があります。

私は数年前から度々受講していますので
瞑想はなじみのある言葉ではあるのですが、

違う方角からも耳に届いたりするのは、
これについて発信せよ?なの?なのか?か?!

ということで、少しこのあたりのお話を。


「瞑想」と聞くとどんなことを思いますか?
難しそう?雑念に流される?無になるって?寝ちゃう~
いろいろ思うこともあるでしょう。

瞑想の方法は様々ありますので、
ご興味がある方は一度瞑想系の講座を
受けてみるのもいいと思います。

このご時世、瞑想心理学の長野開催は当面ありませんが、
現在オンラインで受講可能なので、
ご興味がある方は私までメッセージください。
個別でご案内しますよ。
※私にインセンティブは入りません(笑)


瞑想中の感覚はひとそれぞれだと思いますが、
ふわっと気持ちいい状態というよりは、
もっと集中した時間を過ごしている感覚に近いと思います。

ヒプノは終わった後に心地よくリラックスした感覚があり、
イメージに集中するので軽い脳疲労を感じる場合もあります。

一方瞑想はもっと集中している時間というか、
雑念に脳を使わないからなのか、
終わった後にスッキリとした感覚がある。
朝の眠気も吹っ飛びます。←私は吹っ飛ぶ
ちなみに眠くなる~も雑念です。

私たちは毎秒250万ほどの情報の雨の中にいて、
自分が取り込みたい情報だけを入れて生きています。
そしてそれが今生きている現状です。

こんな量にまみれ、取捨選択しているんだもん、
脳も疲れますわ(;^ω^)

だから脳を休ませる時間を作る習慣はあったほうがいい。
スピ系の能力を高めたいならもちろんのこと
心の安定にも良い影響を与えます。
呼吸法ができる人はそれでもいいでしょう。

毎日続けることで~続けることで
どんな未来が待っているか?!

あなたが今より生きやすい未来であることは予言します(笑)←いや、ホント

エステに通うように自分メンテの時間として
日々に瞑想を取り入れるってのも、
自分を大切にする習慣の一つかもしれませんね。

あなたの不要不急、わたしの不要不急

季節は進んでいますが、相変わらずのコロナ禍。
緊急事態宣言も継続している地域もありますね。

「不要不急」という言葉も、よく耳にします。

この言葉で感情を動かされる方は、
テレビやネット等ニュースを見る機会を減らしたほうがいいかも。

繰り返される言葉は、あなたの潜在意識にスルーっと入り込んできます。

呪文となってあなたに入り込み、「不要不急」に意識を向けるようになります。

すると行動ひとつひとつを考えすぎたり、誰かの目を気にしすぎたり、
自分が思う不要不急の行動を取る誰かを責めてみたり。
またはどーでもいいじゃんと投げやりになってみたり。

いずれにしても自分にとってよろしくないストレスを生み出すことに繋がり、
免疫力を下げ健康を損なう方向に動いてしまいます。

自分にとって不要不急って何だろう?
「あなたの大事にしたいことは何ですか?」と同義です。

答えはひとそれぞれ。
他人が正解を決める権限はない。

仮に出た答えにちょっと想像力を加え、選択すればいい。
私個人はそんな風に感じます。

今年感じたありがたさ

2020年は、既成概念やら思い込み、常識などフツーだと思っていたことが全部ふっ飛ばされた一年でした。あなたはいかがでしたか?
少し早いですが振り返ってみました。

まずこのページ。立ち上げ2012年、地味にデザイン更新を重ね前回の形になったのが2015年あたり。それが2020年1月に突然ファイル破損とエラーが出て、一切更新できなくなる。
⇒かねてから検討していたワードプレスを活用して新たに作り直し。

その後、新型コロナウイルスにより、世の中が一変。
コロナ禍の中家族が逝去し、家族内のバランスが変わりました。
⇒家族についてこんなに考えたのは初めてです、恥ずかしながら。

その後緊急事態宣言が発令され、行動制限がかかり、あらゆる「フツー」が大きく変わりましたね。フツーのありがたさがこんなに身に染みるとは(笑)。
同時にその上にあぐらをかいて「当たり前」になっていたことにも気づかされました。
⇒自分にとって何が大切か、本当は何を望んでいるのか?
静かに心の声を聴く、そんなタイミングにも恵まれたようにも感じます。
近距離での行動が増え、野菜やハーブを育ててみたり、家の片付けをしてみたり。「調える」時間の大切さをあらためて知った、というか。
そうそう、自己ヒーリングの機会も増えましたね。

振り返りからの~、サロン名を新たにしました(ailes en couleurエルアンクルールからSatiサティへ)。
⇒これに対しては「残念ですー」というお声があったり、「何があった?!」というリアクションをいただいたり。気にかけてくださっていることに対してもありがたいなあと。

提供するセッションや講座に対しても考える機会にもなりました。
ヒプノセラピーは対面が原則なので、行動制限がある中、どのように提供することがクライアント様にとって一番か?を模索←まだ中
⇒今年後半に開講したベーシックコースは、短時間複数日数、そしてほぼオンラインでした。
なんだ、できるじゃん。ハイ、これ思い込みでした。
(注※お越しいただき学ぶ箇所もあります)

セッションもオンラインでできる内容のリリースを予定しています。
秋につぶやいて、リアクションしてくださった方もいるのですが、思うことがありちょっと伸ばしています。クリスマスプレゼント企画として出そうかな?

文章を書く機会に関しては(;^ω^)こんなに手が止まったのは初めてですが、書きたくなるまで待ってみようと思いまして。←結果、年末の今日
2021年はブログもLINEももっともっと書いていこうと思います。メルマガも復活したいなあ。



とまあ、変化の波の中で、時に溺れたり時に潜ったり、時にぷかぷか浮いたり。どうにかこうにか泳ぐ方法がわかってきたような感覚で、年末を迎えています。来年の事を言えば鬼が笑うとは言いますが、もう言ってもいいよね(笑)。

という、今日はお役に立てる内容は一切書いてませんが、私の備忘録ということで。