大根の浅漬けが美味しかった件

******

まずお知らせです。


LINE@をスタートします。
(すでにご登録いただきましたあなた、
ありがとうございます!)


@ykg1285u
(@マークは必ず入れてください)
で検索してみてください。


日常のいろんな気づきやお役立ち情報、
イベント情報などを配信していきたいと思っています。

またお問い合わせやお申込みなども承ります。
(他の方には見えません)


ご登録お礼プレゼントとかも考えているのですがー、
どれにしようかな~なので(^_^;)
これに関しては、今しばらく時間をください。

メルマガ同様お付き合いいただけましたら幸いです。

******

ってな、前ふりですがー


美味しい(もしくはステキな)ものをいただく。


よくあるケースだと思います。

こんな時、あなたはどんなリアクションを取りますか?

「わー!嬉しい!ありがとう!」
は、反射的に出るかもしれません。
その後です、その後。


「お返ししなくちゃ」

これが、多いのではないでしょうか?


その想い自体はいいと思います。
「お返しに何か贈りたい」のはね。

英語でいう「want to」。
自らそうしたいと思う。


ですが、「お返しせねば」となると、
話はちょっと違ってきます。

英語でいう「have to」。
せねばならぬ、です。

せねばならぬって、結構キツイ縛りなんですね~。



何かしてもらうことに罪悪感を抱いたりすると、
こんな感情が出てくるかもしれません。

そんな想いが何度か続くと、
そのうちいただくことが苦しくなってくる。
お返しプレッシャーを自らにかけるのです。

で、最終的にもらわずに断る選択を取るっていうね。
最近では「受け取り下手」なんて
呼ぶこともあるようですが。



もったいない!



か、どうかはさておき。
(これも価値観に値するので)


罪悪感ってのもなかなか厄介な感情ですので、
自分に大きく負担をかけることになります。


セラピーで解放することが近道ではありますが、
そうは言ってもタイミングがね、
ということも多いと思います。


こんな時、私は、
外側から見ているもう一人の自分(俯瞰する視点)
に質問してもらいます。



「ソレ(罪悪感)、いる~?」


質問の答えは決まっています。


「いらな~い」(手放すイメージを一緒にすることも)


「ですよね~?」(手放しに同意)


こんなふざけた(?)やり取りをしています。



こんなことを繰り返していたら、
ほぼ何でもありがたく頂戴できるようになりました笑


もちろん不要品ですらいただく、ではありませんよ。
頂く時の気持ちの持ちようの話です。


そして、お返しはよいタイミングで。

年末で今年のお礼を表すには、
よいタイミングかもしれませんし、
季節のイベントを利用するのもいいでしょう。


以前の職場で、
手作りの杏ジャムを同僚にあげた時、
彼女からお手製のチーズケーキをいただきました。

会社だったので、
その場にいたみんなで美味しくいただきました。

東京の若い女の子、だと思っていた子でしたが、
こんな一面があるんだなと見方も変わりましたし、

頂き物のやり取りでこんな経験できるんだな~と、
感じた印象深い出来事でした。



あなたは、頂き物を受け取る時、
お返しをする時、どんなことを感じますか?



今回の方には、どうしよ~かな~?
いいタイミングに任せま~す。





今日はこの辺で。

2018年12月20日