人生はエアヨガだった!?

高校時代の友人に声をかけてもらい、
初めて体験したエアヨガ。

先日2回目に行ってきました~。


本当は初回で「続けるどー!」と
決めていたのですが、

いかんせんスタジオがスタートしたばかりで、
予約が取れず、1か月空いての2回目です。


今回のメンバーは初めての方がいなかったので、
前回よりもちょっとだけひょえ~(?)な
ポーズもありました笑


エアヨガをご存じない方にちょっと説明すると、
天井から体がすっぽり入るくらいの
大きな布を使って、ヨガを行っていきます。


ストレッチもポーズも、
その布を足や手などにひっかけて
体重を乗せていきます。


ヨガなので内観、といえばそうなんですが、
とにかく体に集中している時間です。


布に体を預けてポーズと取る時に、
自分の体幹がしっかりしていないと、
布に体を預けることに怖さを感じます。

また布は天井から吊るされていて
その支点だけで止まっているので、

体が緩んでいるとグラグラしたり、
重心が定まらず体が回ってしまったりします。


で、2回目なのですこーしだけ余裕があったのか?
おお!という気づきがありました。


エアヨガって人間関係と同じだなと。



自分の足でしっかり立つ(自立)していれば、
自分以外の何かに依存する時も、
完全に持っていかれることもないし、

自立できていれば、
相手に信頼をおくことも怖くない。

例え依存した相手に何かされることがあっても、
自分で挽回ができる。


軸が自分にあるからですね。


で、体の軸にも同じことがいえるので、
体幹を鍛えていく必要があるなと感じたわけです。



なんてことを、メルマガに書こうと思っていたら、
このタイミングで、
かつての年上の知人がこんなことを
別な人の記事にこんなコメントしていました。
(勝手に拝借(;^ω^)


失敗という筋肉痛がなければ、
心の筋肉はマッチョになれんからな
※この方は酸いも甘いも知っている関西人です


自分の軸がしっかりしていることで、
どんなポーズをとってもぶれることがなく、
必要な筋肉の力が最大限に発揮される。

そのポーズも美しい姿として存在する。
それは心身に言えること。



あ~、これに気づくために
私はエアヨガを始めたのかもしれません。


いや、体を動かしたかっただけなのですが笑
思わぬ副産物を手に入れました。



ちなみに長年体を定期的に動かすことから
離れていたので、
体幹がゆるゆるな私( ̄▽ ̄;)


心身ともにしなやかな軸で生きるべく、
精進していこうと思う時間でした。


気づきって日常に溢れているし、
やろうと思ったことって、
自分にとって意味のあることなんだね~。

私がそうなんだから、
あなたもそうだよ!

2018年11月11日