原点回帰

フィギュアスケートのグランプリシリーズが
始まりましたね。

日曜日のフィンランドでの大会で、
羽生選手が優勝しました。


会場は日本のファンのみならず、
世界中から金メダリストの今シーズンの滑りを見ようと、
祭り状態になっていました笑
(女子の金メダリストザキトワ選手も出てたのでね)


今シーズンの羽生選手の選曲は、
なんと羽生少年が憧れていたスケーター2人が
使用した曲だとか。


最初その話を耳にした時に、
「羽生さん、すごいなあ」と思いました。


自分の憧れの人が滑った曲ということは、
そのイメージが残っているはずで、
彼らをリスペクトした上で自分の世界を作るのは、
自信がなければできないと私は思ったのですよ。

しかもフリーは、あの皇帝プルシェンコ氏を
イメージした黒の衣装だし!←羽生選手は通常白ベース

しかもフリーの曲のタイトル(何曲か組み合わせているらしい)が、
「Origin」



ここは私の勝手な解釈ですが、
偉大なる過去の先輩たちに対してリスペクトの
気持ちを表しつつも、
「自分」を表現していくって___


世界観を表現するスポーツなので、
当たり前といえば当たり前なのですが、
いやー、攻めるねえと。

まあ、
「小さかった僕が見たらきっと喜ぶ」と
言っていたように、
自分のスケート人生の原点にも近い方たちの
オマージュなんでしょうから

Origin=原点

なのかもしれませんけどね。



オリンピックイヤーが過ぎ、
やっと「自分のために滑る」ことを
解禁したのかもしれないなあなんて、思ってみたり。



最近よく聞かれる
ヒプノセラピーに対してのきっかけや理由。


私にも原点回帰に想いを寄せる機会が
あるってことで、
原点を思い出せ、足元を固めよ!と←画鋲踏んだし( ̄▽ ̄;)
メッセージが来ているのかもしれません。




なんて、そんなことをぼんやりと考えながら、
スケートを見ていたのですが、

羽生選手が世界初「4回転+3回転半」(トーループ?とアクセル)を
成功させたのをみて、

「いろんな意味ですごいOriginだな、ヲイ」

とあらためて感じました。



あなたが今なさっていること、
仕事でも趣味でもいいんですが、

その原点はなんですか?


何で選んだ?何でやろうと決めた?

ちょっと想いをはせてみましょう。
今することが見えてくるかもしれませんよ。




ちなみに、これは裏話?ですが、
羽生選手の写真集やカレンダーに使用される
彼の写真のほとんどは、
全てお母さまのチェックが入るそうです(;^ω^)


我が息子の映りのよい写真



子を思う母の気持ち、ですかね。






今日はこのへんで。

2018年11月09日