大きな気づきを得る

******
★10月ひらか先生を招致して★

10月23日(火)インナーチャイルドワークショップ・個人セッション
10月24日(水)瞑想心理学3コマ
10月25日(木)個人セッション3枠 全てご予約済み・キャンセル待ち
10月26日(金)個人セッション1枠 ご予約済み・キャンセル待ち

スケジュールの見直しをはかり、個人セッションの増席をしました!

23日(火)15時~18時 個人セッション一席

御希望の方は、このメールに返信でも承ります!


::まだまだ募集中!::

ワークショップのお申込み

瞑想心理学のお申込み


みなさまのご参加をお待ちしています!
******

先日米国催眠療法協会認定(ABH)の講座が終了しました。

通常朝から晩までの2日間で行われるのですが、
うちでは夕方前に終わるスケジュールで
3日間で開催しています。


カリキュラムの中には、もちろんセラピーの演習が
入っているので、
受講生さんと交代しながら行っています。


そ、私もやってもらえるのです笑


今回は8月分が終わったばかりでしたので、
さて何をしようかなと思い、

「今日感謝したこと3つを書き出す」を
新たな習慣としてチャレンジすることにしました。


講座ラストセラピー演習では、
結果のみを潜在意識に入れるのではなく、
そのプロセスごとプログラミングしていきます。

実際に行っていることまで潜在意識に
プログラミングしていくので、
新しい習慣付けの段階で、
感情的な抵抗を抑えることができます。

もちろん学びの段階ですので、
5分5分レベルのものを選んでいきます。

今回は前回に比べ、時間を要するものでもないので、
まあスルスルとできるだろうと
顕在意識では考えていました。




「ありがたいことを取り上げる」となると、
通常だと、嬉しかったことやラッキーだったことなど、
比較的わかりやすいいいことを上げると思います。


実際、数年前に自分でもやってみた時は
顕在意識で決めてチャレンジしたのですが、
まさにそのような感じでした。

すると、続けて行くうちに
「今朝目覚めてありがたい」とか
「出かける日にお天気でありがたい」とか
だんだん、通り一遍のことで羅列されてきます。


そのうち、「ありがたいことを書き出したところで何?」と
手ごたえなく・・・という末路を辿りました。


今回はどうかな~と思っていたところ、
セラピーの最中に気づきがありました。


「ありがたいことが、必ずしもわかりやすい
ポジティブな出来事として起こるとは限らない。

だから、一見ネガティブなことの中に
感謝があるかもしれないから
そこにもフォーカスしていこうと思う」


言葉は違いますが、
セラピー中にこんなことを口走りました。
私が。


当然、潜在意識下でしゃべっているので、
顕在意識の私は「え?そうなの?」


初めて知ったことではありませんが、
頭で理解していても、行動として伴っていなかった。
そのことに自分でΣ(・□・;)

でも、このタイミングでよかったと
心から感じています。

私の今回のチャレンジに、
大きな意味があるということですのでね。



ネガティブな出来事が宝に変わった時に、
感謝の念が湧いてきて、手放しが起こります。
ただの出来事に変化するということです。


ここを今回のチャレンジでも体感ができると、
みなさんにも「コレ、いいよ!」と
経験からお伝えができる!←コレがやりたい



実は前の2日間で、先に結果だけを入れ込む演習で、
暗示文はプログラミング済みでして、
すでにスタートさせているのですが、
今日の気づきで大きく変わるかもしれないと思うと、

いや~、1か月後が楽しみです!


私個人のことですが、
どう変化するかは、またこちらでもご報告しますね!


私にできるは、あなたにもできる!
ですから♪



2018年10月05日