俯瞰で見るとは

Facebookにはアップしたのですが、
高校の同窓生がドローン(自前)で撮影した
動画をアップしていました。

棚田で有名な姨捨の棚田風景です。

ちょうどこの連休は稲の収穫作業をしている
農家さんが多いようで、
彼の実家もそのひとつだったようです。

姨捨の棚田実家の田んぼでもあるんかな?



ドローンの視点て、ちょうど鳥のようなんですね。
上から下を見下ろしたり、遠くの景色を眺めたり。

ああいう映像はテレビの中だと思っていましたが、
今や素人でも撮れる時代になりました。

自宅サロンの場所は、姨捨を南に眺める地域なので、
近くに行かないとこんな景色だとはわかりません。


映像は午前中に撮られたもので、
朝陽に輝く黄金の稲に、緑のあぜ道のコントラストが
とても美しいものでした。

多くの人に見てほしいと思い、
動画をおねだり笑したところ、
快く送ってくださったので早速アップしました。


自分の住んでいる地域は見慣れているので、
特に「ほお~、美しい(はーと)」などと
感動する機会は、一年を通してもあまりなく、

せいぜいサロン近くの公園の満開の桜か、
紅葉した山に季節を感じる程度です。


が、今の自分の視点では見たことのない景色を
見せてもらうことで、
なんて素晴らしいところに住んでいるのだと、
心が動きました。

びっくり笑


いつも見ている景色や日常は、
今自分が中にいるので、
近視眼で物事を見ています。

ですが、今回はドローンの力を借りていますが、
高く、遠い視点で物事を離れて見ることで、
新しい魅力や価値観に気づくよい機会を持てます。

これって、あなたが問題だとしていることも同じで、
渦中にいれば問題は問題としか見えませんが、

高く、遠く、いつもと違った視点から眺めてみると、
問題は問題ではなくなったり、
もしかしたら美しくさえ見える可能性もあるのですよ。

これが俯瞰で見るってやつですね。

イメージを駆使してみるといいでしょう。

高いところから、遠くから、斜めから、右から、左から。

あらゆる角度で観察しているうちに、
感情が切り替わってくることに気づくと思います。

そうしたらやったね!

感情は一度切り替わると、全く同じものには戻りません。

もし、戻るとしたら、もう一度味わいたいわ~と
心の奥のほうで感じている場合です。

どんな場合かというと、
「あの感情を握ってるほうがメリットがある場合」です。

悲しい思いを握っているほうが、
悲劇のヒロインでいられる。

悲劇のヒロインは、周囲がみんな心配をしてくれる。

ってやつ。

まあ無意識だったりするので、
指摘されないと気づかないことも多いですけど、
これ、どーよ?ですね(;^ω^)


手放したほうがメリットが大きいと、
心が(頭じゃなく)納得できたらあっさり手放すんですけどね。



ということで、問題だわ( ̄▽ ̄;)と感じた時は、
あらゆる角度で観察してみることをお勧めします。

なんか見つかるのは間違いないですから。



******
★10月ひらか先生を招致して★

10月23日(火)インナーチャイルドワークショップ
10月24日(水)瞑想心理学3コマ
10月25日(木)個人セッション3枠 全てご予約済み・キャンセル待ち
10月26日(金)個人セッション1枠 ご予約済み・キャンセル待ち

・まだまだ募集中!・

ワークショップのお申込みはこちら
https://24auto.biz/ailesec_hypno/touroku/entryform5.htm

瞑想心理学のお申込みはこちら
https://24auto.biz/ailesec_hypno/touroku/entryform4.htm


みなさまのご参加をお待ちしています!
******

2018年09月26日