世界が広がり面白くなる

先日、6月開催以来の勉強会に参加してきました。

この一日勉強会というのは認定講座ではないのですが、
師匠のところで学んだ人たちを対象にした
現場活用の技術を学ぶ場です。


今回の内容は2つの技術でした。

いずれも内容としてはとてもシンプルで、
いわゆるザ・セッション!な感じは薄いものもありますが、
どれもクライアントさんの変化をサポートするものになっています。

勉強会では毎回ペアワークがあり、
自分でもどんな変化を感じられるか実践するのですが、
今回自分は気がついていなかったことを、
ワークを通じて気がつくことができました。

あら~、私、こんなことしてたんだ~とね。
そして、それをペアの相方さんと話しているうちに、
気づきが広がったり、話が広がったり、
どんどん面白くなるのです。

この面白さはセルフケアでは限界がある。
そ、誰かにサポートしてもらう醍醐味ですね。


ちなみにこの日の朝イチ、
スクールのトイレに置いてあるオラクルブックをひいたところ、
「人の手を借りよ」と予言されていました笑

トイレは思考が休みやすいので、
ドンピシャの予言が降りてきやすいのですよ。


で、この日でた私だけのキーワード。


「電源オフ」「体に優しく」「丁寧な時間を」


これらの言葉をしばらくお付き合いします笑




自分の知らない自分に気づくということは、
自分の枠がちょっと広がるということで。


自分の枠がちょっと広がるということは、
自分の視界も世界も広がるということで。


自分の視界も世界も広がるということは、
面白いことが増えるということで。


面白いことが増えるということは、
自分の人生に面白いことが増えるということで。


ね、ちょっとワクワクしませんかね?


もちろん心のセルフケアをしているほうが、
些細な面白さに早めに気づき、
面白さも大きくなりやすいとは思います。


一見ピンチと思えることでも、
どうやったら面白くなるんかなと
策を巡らすことさえ面白がれると、
もっと自分の生きる世界が広がるのかもしれませんね。


ああ、ちなみに今回の手法は、
特にモニターさんを募集しません。
フルセッションレベルの長さでもないんでね。

でも、ちょっと面白かったので、
ご興味あったらなんか美味しいものと交換で笑
お声かけてくださいね~



2018年08月23日