サッサと片付けちゃえばいいのよ

我が家の玄関戸は引き戸なのですが、

冬あたりから、開閉しにくくなっていました。


日を追うごとに、どんどん動きにくくなり、

最近は片手で締まらないという

戸としてあるまじき動きにまでなってしまいました。


自分だけのものだったら、

このストレスをさっさと片付けるのですが、

いかんせん家のことは家族との協議(おおげさですが)が必要。


自分らで何とかなるのか?

どこに頼めばいいのか、建具屋さんか?

家の工務店か?などと言っているうちにかれこれ6月下旬。




で、昨日。



朝のゴミ出しに外に出ると、

ご近所さんに見慣れない軽トラが止まっていました。

荷台には部屋のサッシが乗っています。



そこは一人暮らし高齢者のお宅なので、

部屋に戻り家族に

「○○さんちにサッシ持って業者さん来てるわ。

どっか壊れたんかな?」と報告。



かれこれ40年ご近所さんのお宅、

コッソリなどという言葉は皆無です笑


間をみはからい声をかけたところ、

作業後にうちの玄関もみてくれると。



これぞ棚ぼた。



小一時間ほどで半年ちかく気になっていたことが、

一気に解決をみたのです。

しかも料金がびっくり価格←なんとワンコイン。


また、同じようにそれを見ていたご近所さんが

家の網戸が取れないから見てほしいと声をかけたところ、

網戸を外すだけでなく、張替まで頼めちゃったのです。
(網戸が外れないのよと話を聞いていた)


うちを含むついでに頼んだ2軒は、

それぞれの家族内で、あーだこーだと

時に口論にまでなっていた案件だったのですがね( ̄▽ ̄;)


まさか、その日一日で一気に解決できるとはね~。


またその業者さんにとっても、

一軒分の仕事だけで訪れたはずだったのに、

結果として違う仕事を請け負い売り上げたので、

お互いに「よかったね~」な感じになりました。


一晩明けて今日は、そのお隣のお宅の何かを直しています笑




気になることが命に関わらない案件だと、

ついつい後回しになりがちですが(いわゆる先延ばしね)、

毎日何度もストレスを感じるとなると、

当事者の人生に対して、なかなかの影響力を発揮します。



片付かないことに八つ当たりしたり、

着手しない家族に当たり、

家族関係にひびが入ったりすることも。


身内相手だと、容赦ない言葉が飛ぶ傾向がありますからね~(^_^;)



自分たちでできることならサッサと片付け、

できないことならサッサとプロにお任せする。


片付けるとは解決すること。


解決したものは気にならないし、

そこに未練を残しませんので(気にならない)、

未来に進みやすくなるのですね。



そんなことを感じる出来事でした。



身近なネタやな~


そう、学びは案外近くにあるものです笑






では、今日はこの辺で~

2018年06月29日