できるだけ外に出しておく

サッカーWCロシア大会開幕を明日に控え、

メディアではこぞってサッカーの特集(試合も含め)を

しているようです。


少し前ですが、本田選手が

「WCの優勝は、国民に誓ったようなものですから」

的な発言をしていて、

この人はビッグマウスであることによって、

自分を鼓舞し実現に向けて積み重ねていく人なんだなあと

彼の人となりをあまりよく知らないながらも感じました。



私たちはいつでも自分の中で、

あーだーこーだといろいろ考えている時間が長く、

そのほとんどが雑念だったりする(;^ω^)のですが、


その中でも今の自分に必要なことが、

ひらめきとして訪れている瞬間もあったりします。



ああっ!と

閃いて、その場で記録できればいいのですが、
(音声とか書き留めるとか)

そうもなかなかいかないこともあり。


そんな時はあとで思い出そうにも、

すでに流れてしまった後だということもありますね。


また、こんなことをやりたいなあ~と

ぼや~っと思っていても、

なかなか実現しないということも多々。



どちらも言えることは、

すべてあなたの(私もですが)自分の中、

すなわちぼんやりとしたイメージだけが

ふわふわと漂流しているので、

いつまでたってもこの世に生まれ落ちないのです。



赤ちゃんは10月10日お母さんの中で、

人間の具体的な形に育った状態で

この世に生まれてくるようになっています。

いろんなことを覚え使い、成長していくのは、

生まれてからのこと。



だとすると、あなたの中にあるソレも、

閃いたタイミングになんらかの形をとる
(音声だったり書き留めるだったり。もっとあるか)

ことが実現の第一歩なのです。


一旦自分の中から出すことで、

後はどうにでもできます。


世に出すよう成形する(実現に動く)もよし、

なんてな~と流すもよし。


なんだったけ?ってなってもそれはOK。

次のヒントに必ずなりますから。



ということに気がついてから、

ここ数年、というか具体的には去年からですが、

おお!とか、そうそうこれいいなあとか

心に引っかかったことは、

専用ノートに書き出すことにしています。


誰かに見せるものではないので、

かなりとっちらかった内容ですが、


自分の中だけでとっちらかっているよりは、

後で見た時に、書いた通りもしくは、

似ている、またはそれ以上のことが

形(実現)になっていることが多くあります。


もちろん書いただけ~も多くありますよ。

でもいいんです。


そして、自分しか見ないので、何を書いてもOK。


あ、デスノートにはなっていません( ´艸`)
(人によってはそれもOKかもしれませんが)


これ、いいことだけじゃなくても、

自分の弱さや怖さ、不安なことを書いてもいいのです。

自分の中から外に出す、ことが大事なので。



書き出すことが苦手だと感じている人がいますが、

慣れていないだけの場合もありますので、

最初は単語でもOK。

繰り返しますが、自分しか見ないのでね。



音声がよければ、ミュージシャンのように

レコーダーやスマホを利用したり、

手を動かしたほうがいい方は、簡単なツールを活用したり。


後からみて、聞いて「なんだかわからん」もOK。



あなたの中の閃きを大切にし、

ヒントとして外に出しておくことで、

それがあなたを誰かを幸せにする何かに

繋がる可能性があるのなら、

やってみる価値がある、んじゃないかと

私は思ったりするわけです。



少なくともモヤモヤは、自分の中だけで

浮遊させておくよりスッキリしますからね~。



では、今日はこのへんで。




2018年06月17日