私は存在自体に価値がある

◆お知らせ

ただいまメルマガをご登録いただいた方限定で、
ライフクリエイトおまかせ3Hフルセッションを
お得な価格でご提供しています。(6,7月限定)

******


前回、

*************************

「自分」に認められたくて、

 愛されたいのです。

**************************

な話を書きました。

「愛されたいのよっ」


誰に認められたいか・愛されたいかを追求していくと、

「お母さん」に行きつく、ということが

数多くありますね。

ってか、たぶんほぼそこ。


というのが大方の見方だと思います。



お母さんに認められたくて愛してほしくて、

頑張る・いい子でいる・・・



私もここが最終地点だと思っていましたが、

よくよく掘り下げてみると、


本来の自分を自分が認め・愛してないから、

誰かの意向←これすら幻想だったり 

に沿った「頑張る・いい子でいる」

努力をしているんじゃないかと。




第三者に「承認」を求めるのは、

二次的というか間接的というか。



自分の存在に価値があると信じていたら、

誰かに価値の確認を求める必要があるのか?と。





○○という環境に育ったから、

私は不幸なのだ


というくだり(言葉が違いますが)を、

相談ページでよく見かけます。




そこそこ物がわかる年齢の若者から

家庭を持つ大人までもそう考えている人が、

そういうページに書き込んでいます。




「本当にそうか?」


「もし仮にそのせいだとして、

そのせいにして安住してないか?」


を、ご自分に質問したことがありますか?と


聞いてみたくなることがあります笑
(サロンを紹介するようなHPに登録していると、
登録者に毎日質問が届くのです)




まあ、何かのせいにしておくほうが、

気持ちが楽(おかしな表現ですが)ですし、

なんらかのメリットがあるからその場に

留まっているのだと思いますけどね。



それもやはり「自分で自分を認める・愛する」ことで、

問題が問題として存在しなくなり、

問題がなくなれば問題解消にエネルギーを

注がなくて済むのですよ。



今まで注いでいたそのエネルギー、

好きなことや楽しいことに
(自分を愛することに繋がることね)

ガンガン使っちゃおうよ~。


とも思ったりするのです。



「私は自分のこと、好きだけどね」

と、頭で理解していると思いますが、

心底そう信じて疑わない、確信している人は、

一体どれ程いらっしゃるのか。



自分は、100%信じるメモリで、

どれくらいなのか?


一体何をすれば、何をやめれば

100%自分を好きになるのか・・・



なんてことを考えちゃうと、

いつまでたっても100%には到達しませんし、

そもそも100%じゃなければいけないわけでもなく。



そう、考えなくてもいいってことなのですよ、

ややこしいけど笑


ちなみに「自分に甘い」は、

甘いと思っている人は心のどこかで、

その甘さに罪悪感を持っているので、

やっぱり違うのです。







自分にいいことが起これば「ラッキー!」

誰かに何かしてもらったら「ありがとう♪」

こうしたいなと伝えたければ「私は~なんだけど、あなたはどう?」


湧き上がる感情は喜怒哀楽全部、

受け入れ受け入れ・・・


私は私であること自体に価値がある


Do(行動)ではなくBe(在り方)


だと、腑に落ちる時は必ず来る。

いや、もう腑に落ちてるのに、

落ちてることに気がついてないだけ笑





世の中は複雑に見えますが、

実は真理ってシンプルなのかもしれませんね。

2018年06月11日