男性性と女性性のバランス

最近、Facebookで繋がっている方の記事が、

目に留まりました。



男性性、女性性というエネルギーの話と、

生体の性別は違う


という話でした。



昨今女性性の開花とよく耳にしますが、

ただ単に「女性として」着飾ることや

男性にモテたり依存すること、

すなわち「女性としての価値をあげる」ことを

指しているのではありません、と。




ま、このメルマガをお読みのあなたなら、

知ってるし、かもしれませんが(;^ω^)



ざっくり言うと、

男性性というエネルギーは外側に向かうもの、

女性性というエネルギーは内側に向かうもの、


こんな区別でよいかと。



外に向かうものはいくつもあると思います。

社会性、思考、地位・名誉、成功、実行力、行動力、発信・・・

まだまだあると思いますが、父性的なもの。


内に向かうものは、

受容、感情、奉仕、創造力(想像力もかな)、受信・・・

こちらは母性的なものを指します。




これからの時代は女性性を開花させて生きていく!


みたいなことを、←ニュアンスね

たくさんの方がおっしゃっています。



確かにそうです。

従来の社会という枠の中では、

男性性の活用がうまい人が

「成功者」と言われていました。



しかし世の中が多様化してきて、

既成概念をとっぱらった生き方ができるような

世の中になってきているので、

より創造力を必要とされるシーンが増えました。



なので、おっしゃることはごもっとも!

そこに一ミリの反論もありません。




でも、よーく考えてみると、



女性性が司る創造力や想像力は、

男性性の行動力や実行力がなければ、

世に出ることはありません。



ワクワクだけしていれば、

何でも叶っちゃう~♪



的な脳内お花畑だけでは、

何でも叶ったりしません、残念ですが。



そういう表現(ゆるふわとかキラキラとか)を使っていて、

「わかりやすく成功(経済的、社会的)」されている女性は、

もれなく男性性も活用されています。




ということは、どちらか一方でよいのではなく、

バランスがカギだよ、なのです。



じゃ、どうすればいいのかって話、


現実的にはパートナーシップの在り方ですが、


自分の中にも男性性と女性性はありますので、

これらのバランスをうまく取り、活用することが、

望みを実現していくことに繋がっていくと。



何でも自力でガツガツやるだけが実現ではなく、

時に誰かにサポートをお願いすることも実現のひとつ、

というのもバランスです。




そして、私が大事にしている「言葉とイメージ」も、

まさにこのバランスに当たります。




( ゚д゚)ハッ!←書いて今気がつくという
(書くって大事ね)



アレもコレを指しているか・・・
(思考が飛んでいます)



・・・スミマセン(;´∀`)
(戻りました笑)




エネルギーのネタから望みの実現という、

個人的にすごく興味があるジャンルについて考察する機会を、

Facebook繋がりの方の記事からいただきました。


ありがとう!←ここは読んでいないだろうけど



ということで、

今日はここまで

2018年05月17日