みんな安心したいのだ

4月に入り、入学入社など、

新しい環境で新しい時間をスタートされる方も

多いのではないでしょうか?


最近の入社式、親が同伴の会社があるそうです。

入学式じゃなくて入社式ですよ、奥さんっ?!


また、入社式じゃなくても、

職場参観がある会社もあるそうです。



昨今は、ブラック企業と呼ばれる職場で、

心身の健康を損ねるケースも多いので、

自分の子どもがどんなところで仕事をするのか、

この目で確かめたいという要望でもあったのでしょう。


また企業側もその疑いを払拭してもらうために、

オープンにしているのかもしれません。


終身雇用という形が崩れ、人の出入りも激しいと、

企業としての成長にも影響があるでしょうから、

就業者にも「安心」して少しでも長く働いてほしいという

主旨もあると思います。



いずれにしても「安心」したいんでしょう。


「安心」を得る手段として、こういう形を

取ったのだと解釈しています。


ま、やり方としていいかどうかはわかりませんけどね。



もひとつ言うなら、


親ごさんには、子どもが自分で選んだことを信頼して、

安心してほしいなあとは思いますが。


この会社じゃなかったわ~と思って

何かの行動に出ようとしたときもね。



私もあなたも「安心」が欲しくて、

「安心」を得るために様々なことを行っています。


自分と他者(人間、物など)との関係性に

「安心」を見つけられれば、

きっとよい関係になるんじゃないかと。



あなたが「安心」する対象はなんですか?

どうだったら「安心」できますか?

そしてそれを大事にしていますか?



ちょっと見つめる時間を持ってみましょう。


2018年04月07日