お断りした後に来たよコレ

前回断る際に感じる罪悪感からの、

イイ人でいたい願望があったよ話をお届けしました。

罪悪感の真ん中に

最近、ちょっと似たようなことがあって、

でも今までと違った感情が湧いてきたので

面白いなと感じたのでシェアいたします。


******


とあることをお願いされ、

検討(状況と自分の想い)の結果、

断るを選択した自分。



相手の事情も見える分、

悪いなあ(罪悪感)と思いつつも、

受け入れる選択ができない自分を認め、


素直に伝えると、

あっさりと結論が出たのです。



先方は納得したかどうかは、

私の計り知れない場所ですし、

コントロールできないところなので、

そこはもう手放しです、いいんだわ。





結論出た安ど感の後からきたのが、


感謝


でした。



感謝が湧いてきたんだよ、

断ったことでさ。

びっくりしたわ、もう。



私の決断を受け入れてくださったこと

そして、時間をいただいたこと

この2つに対する感謝です。



時間、というのは、

先方のお願いをお断りすることで

私に与えられた(と敢えて書きますが)時間です。



もうね~、ホント有効にというか

大切に使おう!と感じたのです。



そのせいか、物事の進み具合が予定より早い。


進み具合が早まった分、余白ができ、

忘れていた先延ばし部分も

これまた着手でき、フィニッシュを迎えている。


イイコトずくめとなっております。

ありがたい、ありがたい。



罪悪感のおかげで気づいた自分の本音。

それを受け入れ手放したことで、

大きなものを手にしている


やはり、感情には良いも悪いもなく、

信号なんだなと感じた出来事でした。





新年度を軽やかに歩くためにも、

あなたの歩みを止めるものは、

どんどん置いていきましょうね~!

2018年04月03日