その機会が欲しかった?!

私は日々、自分の感情の観察を行っています。



感情が揺れた時に、

出てきた感情を味わいましょうとか、

受け入れましょうとよく言われます。




嬉しいとか面白いとかやった~とか、

ポジティブとされる感情は、

味わうことも受け入れやすいですが、


腹が立つとか悔しいとか←最近ないけど( ´艸`)

不安など、一般的にネガティブとされる感情は、


できれば認めなくないとか、

そんなの感じるなんてダメだとか、

自分の中で抹殺してかかる笑




一応メンタルを学んでいますので←一応?

ネガもポジも(どちらもないんだけど)

受け入れはたやすいので、

この後、一歩進めたことをやっています。



感じた感情や、状況を含め、

多角的な視点で見てみることをしています。


そして最後に行うのが、

「本当はどうしたい?自分は」

という問いかけです。




先日ムカッ腹を立てていた際、

このプロセスの中でこんなことに気づきました。



「毒を吐きたいがために、腹立つ現実を作り出していた」



・・・そ れ かーいっ!!




今でこそ怒ったり、他人を批判することも

かなり減ったのですが、


以前の私は、よく言うと反骨精神が強い、

悪く言うと「は?」という沸点が低い人間でした。




一応メンタルをお仕事としているし←一応?(2回目)

それなりの対応方法を知っているので、

自分の中で対処しちゃっていて気づかなかったのです。



では、毒を吐きたいとは?



イイ人をやめた「つもり」が「つもり」だったのです。

そのことに対しての気づきでした。



セラピストなんだから


大人なんだから


社会人なんだから



○○なんだから・・・



「○○なんだから」というレッテルを貼り、

それに合わせた行動やふるまいを

「せねばならぬ」と考えていたのです。



セラピストなんだから

毒を吐くなんてありえない!

襟を正したふるまいをせねば!


(もちろんそれなりのふるまいは必要ですけどね)




『せねばならぬ』



強い制限です。

呪縛といってもいいかもしれません。



呪って縛るって(*´Д`)




吐きたくて、というのは入口のことで、

私の中の「せねばならぬ」が

この形としてもあるよのお知らせとして、



毒吐きて~!っ


と、いう状況を作り出したということです。
(ひらか先生←メンタルの師匠、スミマセン)




今回の根底には、


イイ人(いい子!)で在りたい


やめたはずのこれがまだあったんですね。





イイ人(いい子!)と書きましたが、

イイ人の元はいい子です。

そう「いい子なら愛される」というアレです。



・・・今年生誕半世紀なんですが( ´艸`)



もうね~、面白くて笑ってしまいました。



気づき、笑ったところで、

毒を吐きたい願望は跡形もなく消えました。

と、同時に腹立たしさもどこかへ~。



これぞセルフセラピー。




たしか心屋さんは


「ウケるんですけどー!」と


言うことで変わるとブログに書いていました。

コレですね。





認知は必ずしも変化につながらない



たしかにそうです。

気づいただけでは、現実は大きく変わりません。


ですが、気づくことは変わることのきっかけです。

その後どうするか(行動するか)はあなた次第。



日常起こる出来事には、気づきが溢れています。

もちろん「気づき」とするかどうかも、あなた次第です。



どう活用するかで、人生が宝物だらけに変わるなら、


使ったもん勝ち!

な気がします、私はね。




***3月イベントの状況***
続々お申込みをいただいています。
ありがとうございます!

ご入金の確認が取れた方から、
お席のご案内をしています。

◆3月12日(月)開催
魔法の暗示(R)WS申込みフォーム
まだまだ募集中!本気で人生を楽しくしてみませんか?

◆3月13日(火)開催
2018年3月瞑想心理学・長野開催申込みフォーム
残すところ内容⑧の2席のみ!

2018年02月24日