ハイ、一旦CMで~す

***3月イベントの状況***

続々お申込みをいただいています。
ありがとうございます!

残席はお申込みの方の数を表記しています。

ご入金の確認が取れた方から、
お席の確定ご案内をお送りしています。


◆3月12日(月)開催
魔法の暗示(R)WS申込みフォーム
2月18日現在 残席6

◆3月13日(火)開催
2018年3月瞑想心理学・長野開催申込みフォーム
2月18日現在 内容①満席御礼! 内容⑦満席御礼! 内容⑧残席2

******


過去の出来事に縛られ、

身動きが取れないことは

誰にでも経験があると思います。


ですが、未来に不安を覚え

やはり動けない経験も、

同じくらいあるのではないでしょうか?



あの時○○だったから今度も○○に違いない


こういう過去を基準に

不安を覚えることもあれば、


全く知らない世界がゆえ、

不安になることもありますね。



人の想像力というのはとめどないもので、

どんどんドラマが進み、

もはや原型を留めないところまで、

想像が進むこともあります(;^ω^)


妄想が膨らむ、っていうやつですね。



不安からスタートしている妄想は、

途中で過去の嫌な記憶を引っ張ってきては

妄想を強化していくので、

大概ネガティブな結末を迎えます。



ああ、やっぱり悲劇で終わるんだわ(+_+)



ポジティブな結末にすることもできるのに、

流れに任せてしまうと、

ついついネガティブ方向に傾きやすかったり。



そして、途中で気がついて

ダメだダメだと自分を責める。


む~ん・・・



この流れを作っている一因は感情です。

向かいやすい感情を、あなたの過去から

拾い集めて妄想を作りあげていきます。



コレ、止めたいですか?



止めたい方だけ読み進めてくださいね。




応急処置として、


「ハイ、一旦CMで~す」



と、伝説の昼番組、サングラスのあの方のように、


妄想を中断してみましょう。



感情は一旦バスっと切られると、

その後続けようとしても同じ状態には戻りません。




ちょうどテレビで映画を見ているようにです。


いいところでCMが入りその後続きを見始めても、

CM直前に感じていた感情とは

違った感じを覚えるはずです。


遊んでいる子どもに

「勉強しなさいっ!」と中断させると

チーンと沈む、あの感じも同じです。




できるなら、

CMの内容はあなたが最近笑ったネタで

妄想してみてもいいかもしれません笑


妄想の悲劇っぷりと落差があればあるほど、

妄想がばかばかしくなってくるでしょう。




妄想は妄想、現実ではありません。


あなたの頭の中で上映されているのですから、

打ち切りもあなた自身ができるのです。



そう、興行主はあなたなんですよ♪





2018年02月18日