それはミカタです

やりたいんだけど、


こうなったらどうしようと


怖くて動けないんです。



と、時折ご相談を受けます。




感情は今ここで感じますが、


感情の種となる出来事は、


過去にあります。


が、例外もあります。



それが今回の「怖い」です。




これは不安を指していますが、


その不安は何に感じてるのか?



過去?今?



いえいえ、未来、まだ起こっていないことに


不安を感じています。



じゃ、なんでまだない未来に不安なのか?




やはり過去の出来事に感じたことが


発端となって、


不安に駆られ動けなくなっています。




この時点で、「大丈夫、大丈夫」と


自分に言い聞かせても、


不安はかき消せないかもしれませんね。



なぜならば過去の出来事(種)が、


反応しているんですから。




過去の感情の解放方法は、



プロの手を借りれば様々な方法がありますが、



普段から「感情を溜めこまない」ことを


意識したいものです。




セルフで行うならば、



まずはどんな感情を感じているのか、


観察し受け入れ(否定しません)、



それから何を伝えてるのかな?と
(自分は本当は何を望んでいたのかな?)


自分の中で宝さがし(自分の本当の望み)を


してみることがいいと思います。



あ~、私、これが望みだったのか



これができるようになってくると、


ラクになってきますので、


不安を取っ払いやすくなってくるかもしれません。




感情はエネルギーであると同時に


メッセージなので、


うまく付き合えると、


強い味方になります。





ご自身の中から出てくるんだし、
(でもあなた自身ではないけどね)


せっかくなので、


協力してもらっちゃいましょうよ!





寒かったり暗い時間が多かったりで、


何かとネガティブに偏りやすい時期ですが、


植物は芽吹く準備期間。


人間も芽吹く準備期間にしてみましょう。



2018年01月16日