○○したら扉が開いた

2017年もあとひと月。


時間は相対的なので、


年を重ねれば重ねるほど


早く感じるもの。


日々を大切にしていきたいですね。



******

今更ですが、先日NHKで放送された


安室奈美恵さんの


インタビュー番組をみました。



デビュー当時の心境から、


来年引退することを決めた


今に至るまでの想いを


笑顔で、時に涙を浮かべながら


切々と話していました。




安室ちゃんの歌には、


90年代会社員時代、


私もよーくカラオケで歌い踊り、


宴の盛り上げにお世話になりました笑
※世代的にアムラーではありませんが




ずーっとTOPアーティストという


印象が強い彼女ですが、


小室さんプロデュースを離れた後は、


試行錯誤の時期があったそうです。





「安室奈美恵」として



しなければならない


こうあるべきだ



がとても強かったとのことです。


頭で考えすぎていたとのこと。





試行錯誤の過程で思い切って、



「安室奈美恵」という名前を一時離れ、


「SWEET CHIC」名義で


様々なアーティストとコラボした


アルバムを制作しました。




様々なアーティストとの仕事は、


とても楽しかったそうで、



その際に「楽しむ」を忘れていたことを


思い出したそうです。




自分が「楽しむ」ことで、



人に伝わるのだと。





インタビュアーの


「ご自分で扉を開けにいったんですか?」
(たしかこんな質問)


との問いに、



「自分が開けにいった扉は


ことごとく開かなかった。


楽しむことに集中したとたん、


目の前の扉がバーンと鍵もなく開いた。


そこから次のステージへ行けた」



と柔らかな笑顔で答えていた安室ちゃんが


とても印象的でした。




もちろん試行錯誤があったことも、


今の彼女を支えているパーツです。



インタビューを聴いていると、


彼女の真面目な面がうかがえましたしね。




が、しかし最後のキーは


「楽しむ」ことなのかもしれません。





人が全力で楽しんでいる姿は、


見る人を勇気づけ、力を与え、


意図を超えた大きな影響力を持ちます。



それは楽しむ本人も例外ではありません。





私たちの致死率は100%です。



いつかは必ず今の自分の終わりがきます。


しかもそれがいつかはわかりません。




だとしたら、


人生に起こるすべてのことを、


全力で楽しんだほうが、


もっと面白い人生になるのかも。




人生の使命や役割、課題とか全部、


シリアスにならずとも


成し遂げちゃうのかもしれませんね。





あなたは何を全力で楽しみますか?



今、何を全力で楽しんでいますか?






2017年12月03日