がんばる教信者でした

私は、一人暮らし歴が長く、


当たり前ですが、だいたいのことを


自分で行ってきました。



だからというわけではありませんが、


勘違いをしていた時期がありました。


まるで一人で生きているように。






なんでも自分でできることが当たり前


人に頼るとか意味不明



頑張れないのはダメな人間



甘えて怠けてズルするとかありえない



できないと言ってないで努力し


やってみてできなかったら、


はじめてそこで頼るものだ



・・・ふ~、書いていて苦しい笑





こんな風に、本気で思っていたのです。



そう、がんばる教の信者でした。




がんばる教信者ですから、

頑張ることが教義、

そして正義なのです。



結果が出れば頑張れば当たり前。

ちょこっと喜ぶ程度で、次に向かう。


結果が出なければ、頑張りが足りない。

自分を責めさらに頑張る。



私はこの程度なんだから、

もっと頑張らねばーーー!!!







これでは苦行です。





確かにこれで実現できたこともありました。


達成感も感じていたのは事実です。




でも、今思うと常に疲弊していました。


体だったり、心だったり。



プライベートな楽しい時間も


どこか追われるように気持ちが


他に向いていたようにも思います。





がんばる教の呪文、


「せねばならぬ」が常に頭の中を

巡っていたんですね。



でも、周囲を見渡すと、


せねばならぬを手放した方が、


とても軽やかで楽し気で、


私の予想を超えるように


どんどん実現させていきます。




なんで?なんで?


ズルい!





「せねばならぬ」を


呪文と表現しましたが、


それくらい頭の中で、


何千回も唱えているのですから、


当然そういう現実に


生きることになります。




言葉には人生を変える


強いパワーがあります。



それを知ったのは、

ヒプノセラピーと出会った時でした。




自分がどんな言葉を


無意識に使っているのか、


その言葉を変えることで、


どのように人生が変わるのか。



今もまだ人体実験は進行しています。



あ、検体は自分です笑




行きつ戻りつはあれど←人間なので


出発地点からはかなり違う位置にいる、


その感覚はあります。



少なくともがんばる教からは

足を洗いました。



もう、あんなところに戻りたくない笑





あなたはどんな言葉を、


無意識に使っていますか?


頭の中でどんな言葉が巡っていますか?



言葉に少し意識を向けてみませんか?


2017年11月09日