解放するとは手放すイコール、感謝する

りゅう姉です。




感情を解放する、というのは握りしめている感情を手放すことです。



感情はあって然りなものですが、


あまり長く持ち続けていると弊害があるのも確かです。





若いころの私はこの感情に振り回されることが多く、



不要な悩みを抱えることが多かったのですよ。



いろんな意味で「線引き」ができなかったんですよ、


感情に振り回されていて。



「感情はいらない」と思ったことが何度あったことか。





今ではせっかく感情がわいてくるのだから、



そこは味わっておくことにしています。



美味しい感情もおいしくない感情も( ´艸`)




対処方法がわかったからですけどね。

 

感情を解放するというのは手放すことなのですが、


ただ単に手放す、捨てちゃうのではありません。



自分の気持ちやそこにある学びに気づいたりするきっかけが感情です。



わいてくる意味がちゃんとあるんだから。




だから「教えてくれてありがとねー(@^^)/~~~」というのが、


手放す、すなわち解放することです。


出てきた感情を否定することや抑え込むこととの違いはココです。

 

 

そう考えていくと、



「コレに助けられたね~、ありがとー」と思えれば、



片付けや掃除も気持ちよくできるかも。






「ありがとう」は宇宙銀行への預金ですぞ♪



【期間限定・タイムラインセラピー(R)withNLPお試しセッション】←1月27日まで

 

2016年12月15日